生ゴミ処理機loofen(ルーフェン)の口コミ・実際に使ったレビュー

生ゴミ処理機loofen(ルーフェン)の口コミ・体験談

この記事では、世界で累計100万台の販売実績のある生ゴミ処理機「ルーフェン」を実際に使ってみた口コミをまとめています。

この記事を読むとわかること
  • ルーフェンを実際に使った体験談・口コミ
  • ルーフェンの悪い口コミと良い口コミ
  • ルーフェンのサイズとおすすめの置き場所
  • においは本当にしないのか
  • 手入れ方法
  • 電気代などの維持費
  • ルーフェンの取り扱い店舗と最安値

結論、維持費が高いという口コミもありましたが、コバエなど害虫のストレスや生ゴミの悪臭のストレスから解放される、おすすめできる商品です。

※今回は企業様からルーフェン本体をお借りして記事を作成しました。実際に使ってみてとてもおすすめできる商品と感じた理由を写真付きで詳しく説明していきます。

この記事を書いた人
  • 4歳7歳の子を持つ元看護師
  • 看護師時代夜勤明けにゴミ出しできず悩んだ経験あり
  • 夏場の生ごみの臭いとコバエにうんざり
つねこです

\ 公式サイト限定1万円割引あり/

目次

loofen(ルーフェン)が届いてから使用前の準備まで

発泡スチロールで上下が固定され、丁寧な梱包で届いたルーフェンを早速開封して中身を確認します。

ルーフェンの付属品や取扱説明書

大きさがわかりやすいように2Lのペットボトルを並べてみました。

中身は

  • ルーフェン本体
  • 生ごみを入れるかご(バスケット)
  • 取扱説明書
  • 脱臭フィルターと脱臭フィルターケース

です。

ルーフェンの使用前の準備

まず、ビニールを取り出し、バスケットを本体に挿入します。

背面に脱臭フィルターケースを取り付けます。

背面に大きな丸があるのですが、そこに差し込むだけです。

最初は脱臭フィルターの上下にシールが貼ってあるので、一度フィルターを取り出し、シールをはがしてからケースに戻します。

準備はとても簡単で、すぐにできました。

loofen(ルーフェン)のサイズ(大きさ)と置き場所

ルーフェンのサイズ(大きさ)

我が家は賃貸アパート暮らしでキッチンは特に狭いので、置けるかが一番の心配でした。

ルーフェンのサイズは画像の通り、横幅27cm、高さ35cm、奥行27.5cmで、後ろの脱臭フィルターケースまで含めると奥行は38cmです。

正直、思ったより大きいという印象でした。

我が家の狭いキッチンの作業スペースに置くとまな板を置くスペースはないです。

ルーフェンを設置してみた

小さいカウンターに置いてみたところ白くてシンプルということもあり、うまくおさまりました!

リビング側から見ると脱臭フィルターケースが見えますがそれほど気になりません。

カウンターの隣がすぐにダイニングテーブルなので、においも心配でしたが全然気になりませんでした。

カウンターの幅から少しはみ出てしまっていますが動作時も静かで動くわけではないので特に問題ありませんでした。

ルーフェンの電源コードの長さ・電源までの距離

ルーフェンの電源コードは本体背面の一番下から出ています。メジャーで測ってみたところ、約1m40cmでした。

炊飯器などの調理家電と同じくらいの長さで、特に短いことはないので困ることはなさそうです。

ルーフェンのおすすめの置き場所

私が設置したカウンターだと、子供が手が届かないので、スペースに余裕がある方はオーブンレンジが置いてあるような棚やキッチンカウンターなどに置くのが一番良いかと思います。

ヘルシーシェフやヘルシオなどのオーブンレンジが横幅約50cm、高さ約35cm、奥行約40mなので、高さが同じくらいです。

子供にも手が届きやすい位置に置けると子供が自分で捨てる楽しみができていいですね。

ルーフェンの重さ

ルーフェンの重さは6kgです。

両手で抱えて持つ感じですが、思ったよりは軽いと感じました。移動させるのも簡単にできます。

loofen(ルーフェン)実際に生ごみを入れて使ってみた体験談・口コミ

生ゴミの水を軽く切ってバスケットに入れる

キッチンの排水口のゴミ受け(高さ3cmくらい)にたまった生ごみの水気を軽く切ってから入れてみました。

キウイの皮・残飯・卵の殻・にんじんの皮や水菜などです。

今回はわかりやすく少量で乾燥させましたが、バスケットは深さがあり、1日約5L、1kgも生ゴミが投入できます

※効率的な乾燥のためには、1回あたり150〜300g前後の目安の使用が推奨されています。

ボタン1つの簡単操作

生ゴミを入れたら扉を閉めて、上面手前の丸いスイッチボタンを押します。

押すとこのように赤く光ります。

作動すると少し音がしましたが、ほぼ無音で、使用しているのを忘れるくらいです。

約4時間でパリパリに乾燥

1時間経過したときに一度中を確認しましたが、あまり変化がみられず、さらに3時間経過の合計4時間後にはパリパリになっていました。

触ってみるとカサカサと落ち葉のように乾燥した状態になっています。

今回、排水口のゴミ受けの生ごみは水分量が多かったので、きちんと乾燥するか心配でしたが、しっかりカラカラに水分がとんでいて驚きました。

入れた時と4時間後を比較すると、全体的にかさが減って縮んでいるのがわかります。

乾燥中は中で温風が吹いているので、細かいゴミが網の下に移動していたり、位置が変わったりしていました。

実際に使ってみた家族の感想

我が家には7歳と4歳の子供がいますが、自分でドアを開けてゴミを入れるという事が簡単にできるので面白がって使っていました。

作動中にドアを開けて追加しても問題ないし、熱くもないです。

夫も子供も臭いに敏感な方ですが臭いは本当にしないとびっくりしていました。

夏場は特にコバエや悪臭に悩まされていたのでこれでストレスが激減になります。

loofen(ルーフェン)のお手入れ方法

ルーフェンのバスケットは丸洗いできます

バスケットをとりはずしてそのまま水を入れて丸洗いできちゃいます。

下の網もはずして洗えるので簡単にお手入れできます。

内部も複雑な構造ではないので簡単に拭けますよ。

loofen(ルーフェン)の維持費

ルーフェンを継続して使用していくにはランニングコストも考えなければいけません。

使用中の電気代

ルーフェンに適正量を投入し、8時間使用した際の電気代金は約20円です。

内部温度が50度になると電力を遮断し、熱を再利用したり、庫内の生ごみの量に応じて、AIが自動で電力調整をしてくれます。

また、開始後8時間で自動で送風モードに切り替わり、待機電力が10Wまで抑えられるのでスイッチをいれっぱなしでも安心。

平均消費電力は90Wで、ノートPC以下と、思ったより電気使用量は少ないです。

脱臭フィルター(消臭カートリッジ)の交換

背面に付けている脱臭フィルターは活性炭フィルターで、不快なゴミの臭いを効率的にシャットアウトしています。

効果は一定期間でなくなり、定期的な交換が必要になります。

使用頻度や処理内容にもよりますが、交換頻度は3ヶ月~6ヶ月と公式サイトに書かれています。

2本で4,574円(税込・送料込み)なので、高く感じるかもしれません。

3ヶ月で交換した場合、一日約50円、6ヶ月だと約25円の維持費となります。

ゴミの量が減って生ゴミの臭いやコバエ問題のストレスから解放されるのならこのくらい安いと私は感じました。

コバエが気にならない冬場などは使用頻度も少なくなるので交換頻度も少なくなりますよ。

私はとても良いと思った商品ですが、ネット上の口コミもリサーチしてみました。

ルーフェンの維持費は電気代とカートリッジ交換合わせて1日あたり約45円~70円

loofen(ルーフェン)のネット上の悪い口コミ・評判

ネットで口コミを探したところ、ほとんどが良い口コミだったのですが、悪い口コミもありました。

生ゴミが飛び散って内部が汚れるという口コミ

内部が汚れるという口コミがありました。

ルーフェンは、最新の乾燥方式「空気循環システム」を採用しており、送風で細かいゴミが舞ってしまうようです。

前述の通り、お手入れはしやすいので、汚れがたまる前に手入れしてしまうのが良さそうです。

ランニングコストが高いという口コミ

前述した通り、活性炭フィルターの交換に対して高いという口コミですが、一日当たりに換算すると数十円のことなのでコバエのストレスと比べれば安いものだと思います。

コバエだけでなく、夏に現れる害虫も生ゴミの臭いに寄って来ますしね。。

乾燥した生ゴミは細かく砕いて肥料として再利用もできますから、地球にもやさしく、大きい意味では環境保護のための投資とも言えます。

loofen(ルーフェン)のネット上の良い口コミ・評判

良い口コミもご紹介します。

見た目がシンプルで可愛いという口コミ

白がシンプルでいいかなと思いましたが、ピンクも可愛いですね。

キッチンになじむシンプルなデザインには一定の高評価の口コミがありました。

色はホワイト・ミント・ピンク・パープルから選べます。

外側の丸いところとゴミを入れるバスケットの色が同じになります。

注文住宅で勝手口を作るよりはるかに安いという口コミ

音が静かという口コミ

メーカーサイトで安く24回払いができて良いという口コミ

この他にも良い口コミがたくさんありました

こちらに載せきれないくらいの良い口コミがたくさんありました。

\ 公式サイト限定1万円割引あり/

loofen(ルーフェン)と他の生ごみ処理機との比較

生ゴミ処理機の種類

生ごみ処理機には大きく分けて、乾燥式とバイオ式(コンポスト式)、ハイブリッド式のごみ処理方式があります。

それぞれの特徴を簡単に説明します。

乾燥式

熱風を送って生ゴミの水分を蒸発させる仕組みで、数時間で乾燥が完了し、そのままゴミとして捨てられます。

地面に埋めることもできますが、堆肥になるまで時間がかかることが多く肥料として使いたい方には不向きです。

バイオ式(コンポスト式)

生ごみを専用の処理剤(バイオ剤)と混ぜることで、微生物が生ゴミを分解してくれます。

処理時に腐葉土のようなにおいがするので、屋外に設置して使用することも多いです。

ハイブリッド式

乾燥式とコンポスト式の両方の特徴を併せ持つのが「ハイブリッド式」です。

専用の処理剤と生ゴミを混ぜ合わせて、温風をかけて生ごみを堆肥化する仕組みです。

他社製品との比較

楽天市場のランキングでルーフェンが4位でしたが、上位1~3位の商品、(ナクスル・Panasonic生ごみ処理機・NAGUALEP)と、Amazonで1位だった島産業のパリパリキューブの比較をしてみました。

スクロールできます

loofen
(ルーフェン)


ナクスル

Panasonic
MS-N53XD

NAGUALEP
(ナグアレップ)

パリパリキューブライトアルファ
処理方式温風空気循環乾燥方式ハイブリッド方式温風乾燥式高温乾燥式温風乾燥式
サイズ27×27.5×3538.5×43×5826.8×36.5×5525×25×40直径21.5×高さ28.3
重さ6kg18kg (バイオ剤含む)12kg8.5kg2.1kg
最大処理容量約5L、1日1kgまで1~1.5kg/日約2.0Kg(約6.0L)/回2.5L/回700g(約2.0L)
脱臭方式自立式活性炭脱臭フィルターハイブリッド脱臭システムプラチナパラジウム触媒活性炭フィルター活性炭フィルター
処理時間約1~8時間約1~24時間約2~8時間約1~4時間約4.5~9時間
運転音30db30db以下(17.3db~23.2db)42~44db40~45db36db
バスケットの手入れ水洗い〇
食洗器〇
不要水洗い〇水洗い〇
食洗器〇
水洗い〇
消費電力平均90W60W800W150W150W
電気料金
月の目安
約600円約800~1200円約600~2400円約350円約390~810円
デザイン
維持費活性炭フィルター交換
(3~6ヶ月に1回)
バイオ剤の交換(年1回~4年に1回)
UVランプの交換(1~2年に1回)
フィルター交換の必要がない活性炭フィルター交換(6ヶ月に1回)脱臭フィルターの交換(4~9か月に1回)
特徴紙くずなど食品以外も投入可能分別の手間がかからないかなり大きい
唯一のハイブリッド式
唯一金属触媒による脱臭方式で臭いにくい乾燥・脱臭・粉砕が全自動シンプルな機能でリーズナブル
価格60,192円127,000円79,780円79,200円18,380円
各製品の比較

比較してみた結果ルーフェンは、比較的大きさも小さめでシンプルなデザイン性と手ごろな値段がメリットとわかりました。

また、他社製品は、人が食べられるものしか投入できないところ、ルーフェンだけ紙くずやビニールも投入して良いことになっています。

分別の手間がなく、使いやすいメリットがあります。

loofen(ルーフェン)は生ゴミ処理機の助成金が使えます

お住まいの自治体に「生ごみ処理機等購入期補助金制度」があるか確認が必要

家庭から出るゴミの燃やせるゴミのうち、約4割が生ゴミといわれています。

ごみ削減のため、「生ごみ処理機等購入期補助金制度」がある自治体があり、お住まいの自治体でこの制度がある場合、補助金がでます。

購入価格による助成率や助成金額が各自治体によって違うので、確認が必要です。

お住まいの役所のホームページなどに載っていると思うので、ご確認ください。

例えば神奈川県内でも横浜市は助成金の制度自体なし、川崎市は購入価格の1/2で助成金額は上限20,000円、綾瀬市では購入価格の9/10で50,000円(限度額)まで出してくれるなど、大きな違いがあります。

申請には領収書が必要

領収書兼納品書が購入時についてくるのでそちらを申請に使います。

loofen(ルーフェン)の取扱店 家電量販店で買える?

ルーフェンは家電量販店など実店舗での取り扱いはしていない

ルーフェンの実物を見たいと思う方もいらっしゃると思いますが、現在日本では家電量販店での取り扱いはありません。

ルーフェンの取扱店

現在ルーフェンが販売されている店舗は以下の通りです。

  • loofen(ルーフェン)公式サイト 24回払い合計49,200円
  • 楽天loofen公式直営ショップ(iROUX)63,202円
  • 楽天loofen公式直営ショップ(レゼッティ)60,192円
  • amazon ALPACA公式ストア 60,192円

公式サイトでのみ、1万円クーポンが利用できるなど一番お得です。

公式サイトの特典
  • 1万円クーポンつき24回払い(月あたり税込2,050円
  • 合計5,460円分のプレゼント付き(活性炭フィルター×2、バスケットカバーサンプル×5)

loofen(ルーフェン)に関するQ&A

ルーフェンを製造販売している会社は?

ルーフェンは、韓国のLOOFEN CO.,Ltdが開発した生ごみ乾燥機です。
世界で累計出荷台数が100万台を突破し、ブランド累計売上は100億円を突破している実績のある企業です。

ルーフェンの問い合わせ窓口は?

購入すると、メールアドレスとパスワードを設定して、マイページが利用できるようになりますが、そのルーフェン公式サイトに、問合せフォームがあります。

営業時間は平日の11:00~18:00なので、営業時間内での返信になると思われます。

投入できないゴミはある?

「火種が残っている焦げた食品、化学物質、引火性の物質の投入は避けてください。」と明記されています。

何人家族に対応しているか?

ゴミの量にもよるが、だいたい3~4人家族向けで設計されているとのことです。

loofen(ルーフェン)がおすすめの人とおすすめしない人

最後にルーフェンがどんな人におすすめかをまとめました。

loofen(ルーフェン)がおすすめの人

  • 生ゴミの臭いや汁漏れ、コバエなどに悩んでいる
  • 家庭ごみが多く、ごみを削減したい
  • デザインにこだわりがあり、キッチンになじむ商品がいい
  • ゴミを分別せずポンポン入れて使いたい人

loofen(ルーフェン)がおすすめではないひと

  • 生ゴミを肥料としてすぐに利用したい人(ルーフェンも肥料になるが時間がかかる)
  • ゴミ処理にお金がかかるのがストレスに感じる人

そもそも生ゴミに対するストレスがそれほどなく、お金がかかることにストレスを感じてしまう人にはおすすめできません。

また、生ゴミを肥料として使いたくて生ごみ処理機が欲しい方には、すぐに肥料として利用できるナクスルがおすすめです。

loofen(ルーフェン)を使用してゴミのストレスをなくそう

ルーフェンを使用するとこんな未来が待っています。

  • 生ゴミの悪臭やコバエのストレスから解放される
  • 週2回パンパンの重いゴミ袋を集積所に持って行っていたが、週1回のゴミ捨てでも間に合う
  • ゴミストレスから解放されて家事効率もアップ!心にゆとりがうまれる

デザインも可愛くてゴミが減ってキッチンが片付き、ごみ処理が楽しくなりますよ。

\ 公式サイト限定1万円割引あり/

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次